留学

カナダ長期滞在のパッキング②持ち物リスト

バンクーバーからこんにちは☆Nanaです!

 

前回に引き続き、パッキングのお話しです。

 

パッキング

私はパッキングが大好きだと言ったのですが、カナダに来る前に、もう少しでパッキングが嫌いになるところでした…。

というのも、何を持って行って何を諦めるのかをなかなか決めることができなくて

すーーーーっごく時間がかかったんです(´・ω・`)

荷物持ちの私は、日本でもたくさん物を持っていて(断捨離しろよって話なんですけど)

旅行の時にも選びきれなくて、結局必要ない物まで持って行ってしまうんです。

物に執着心がない、潔いあなたが羨ましいですよ~ほんとに。

 

私が特に悩んだこと

長期滞在のパッキングで持って行きたい物と言えば…

  1. 洋服
  2. コスメ
  3. 食べ物
  4. 電化製品

この中で、1番最初に脱落したのが食べ物です。

割と食べ物が何でも生きていけるというのと、バンクーバーならお金を出せば日本の食べ物買えちゃうので。

電化製品は最低限だけれど必要なものだけを。あとは、洋服とコスメですね。

 

10月からのカナダの気候を考えると、もちろん荷物のメインは秋冬服になるわけです。(一時帰国のことも考えて)

ところがどっこい、11月に彼とのメキシコ旅行があったので、夏服も持って行かなくてはいけなかったのです。

アパレルで働いていたのもあって、洋服が多くて選びきれない(´;ω;`)

敏感肌だし、日本製コスメをたくさん持って行きたいけれど、液体物は小さいくせに重たいし…。

「もうパッキング大嫌い(´;ω;`)」

もう少しで嫌いになるどころか、大嫌いって言っちゃいましたね。

何日も何日も悩んだ末に出した結論は、

1.コスメは最低限だけを持って行って、カナダで開拓する。

2.洋服は(カナダで買わなくてもいいように)できるだけたくさん持って行く。

このあと、それでもなかなか選別ができず、また「パッキング嫌い」と泣くことになるのですが…。

 

それはさておき、私が最終的にカナダに持って来た物を紹介します!

 

ななっつ的持ち物リスト

  • ノートパソコン(充電器、スカイプ用のカメラとマイク等)
  • ミラーレス一眼カメラ
  • iPad、iPhoneの充電器、パワーバンク
  • ドライヤー(もちろん海外対応)
  • 充電池(充電器、単三単四各4本ずつ)
  • 筆記用具(ノート含む)
  • TOEIC教材
  • アウター(ウルトラライトダウン3つ、フリース1つ、春秋用1つ、冬用1つ)
  • ストール3つ
  • ニット(薄手2つ、厚手2つ)
  • パーカー(UVカット2つ、その他3つ)
  • トレーナー4つ
  • ベスト2つ
  • 長袖Tシャツ4つ
  • 半袖Tシャツ6つ
  • タンクトップたくさん
  • ジーパン5本
  • その他パンツ3本
  • ショーパン4つ
  • スカート3つ
  • サロペット1つ
  • ワンピース2つ(夏用)
  • トレーニングウエア(ブラ、タンクトップ、パンツ)3セット
  • ビキニ2セット
  • ヒートテック(キャミソール、長袖、ももひき)大量
  • パンツ、ブラ(ブラトップ、バンドゥブラ含む)
  • 靴下(タイツを少し)
  • 靴(長靴、スニーカー、運動靴、サンダル2つ、パンプス、ブーツ)
  • 折り畳み傘
  • メイク道具一式
  • 化粧水、乳液、ナイトクリーム、美容液オイル、ボディクリーム各1つずつ
  • 日焼け止め(顔用2つ、体用2つ)
  • ショルダーバッグ1つ、ポシェット1つ、リュック1つ
  • アクセサリー(持っていたもの全部)
  • お土産(お菓子、ウルトラライトダウン)

ざざざーっと書いて、こんな感じです。細かい者は抜いてます。

スーツケースはチェックされることが多いので、開けられてもいいように洋服(パッキンキューブ使用)を入れました。

箱には、かさばる洋服と重たい液体物を入れて、しっかりガムテープと紐で閉めました。

機内手荷物は、細々した物や壊れると困る電化製品やお菓子を入れました。

 

あんなに時間をかけてパッキングして、こんなにいっぱい持って来たのに

いざこっちで生活してみると、たくさんの反省点が見えてきました…(´_`。)

次回は、ななっつ的持ち物リスト(完全版)ということで、

持ってきてよかった物、いらなかった物、持ってくれば良かった物を紹介します!