留学

海外長期滞在の保険の話

バンクーバーからこんにちは☆Nanaです!

 

去年末からジムに通い始めて、毎日のように筋肉痛です(´゚ω゚)

働き始めると時間も取れなくなりそうだし、あと4ヵ月で理想の体型になりたいですね。

効率的なダイエットの方法とか、調べてみようかな、なんて考えています。

 

さて今日は、今回の渡航(旅行+ワーホリ)のために選んだ保険のお話しです。

 

みんな、保険ってどうしてる?

短期間の海外旅行ならば、クレジットカード付帯のもので対応できますね。

最大3ヵ月というところでしょうか。

長期留学やワーホリとなると、それだけではカバーできません。

学生ビザのことは分かりませんが、ワーホリビザで入国する場合、その期間をカバーした医療保険の加入が必須です。

それが証明できない場合、ワーホリで入国できなかったり、ビザが保険の有効期間と同じ分しかもらえなかったりします。

しかも、日本の保険会社の保険は出国前に日本で加入しなくてはなりません

なので、ほとんどの人は日本で保険に入って来ます。

 

ただ、保険って高いんですよ、ほんとに(´・ω・`)

私も調べたんですけど、1年で17~25万円もするんです!!

ひえーーーー(゚Д゚;)

私そもそも健康優良児だから病院に行く可能性なんて低いし…

(前回来た時に、熱出して辛い思いをしたけれど。笑)

だからと言って、保険がないとワーホリできないし。

それでも、そんなに高い金額払えない!!と、もっと安いものがないか調べました。

 

安い!海外滞在中(日本を出国した後)でも入れる保険がある!!

調べてみると、いいのがありましたよ(^○^)

ブリッジス・インターナショナル保険事務所

 

なんと、渡航後に海外からでも入れる医療保険です!

(もちろん出発前に日本で入ることもできます)

これを見つけたので、私は日本では保険は入らずに出発しました。

エポスカード付帯の保険で3ヵ月分カバーして、2017年1月から加入することにしました。

申込みもネットでできるし、日本語のサイトもあるので簡単ですよ(*゚v゚*)

 

私の場合は、24歳で保証限度額25000ドルを選んだので、1年間で784.75ドル!

日本で入るのと比べると、半額です!!!

 

ただし、日本の保険とは補償内容が全然違います。

この保険は医療保険であって、海外旅行保険ではありません。

どういうことかというと、日本で保険に入るとパックで対象になる以下のものがありません。

  • 航空機委託手荷物遅延
  • 航空機遅延費用
  • 携行品
  • 個人賠償

医療保険という事は、病気になった時や事故に合った時に病院等でかかる費用のみが補償対象だという事です。

対象になるかならないかの条件もけっこう細かく設定されているので、

全部英語で、しかも専門用語ばかりで大変ですが、しっかり全てに目を通すことをオススメします。

さらに、保険に関して質問やトラブルがあった時に、日本語で電話対応してくれるたりというサービスもないため、

英語に自信がない場合は、ちょっと不安かもしれません。

 

私のように、「値段重視」という人、

観光→ワーホリで滞在する予定だけど、保険に入るの忘れちゃった or 保険が切れちゃう!

という人にはとってもオススメです(^○^)

長期滞在の保険をご検討の場合は、ぜひチェックしてみてください☆